馬酔木 あしび

ツツジ科の常緑低木。春に壺形の小さな花を房状につける。「あせび」ともいう。

馬酔木の由来・語源

葉は有毒で、牛馬が食べると麻痺して足がなえることから「あしじひ(足癈)」の略とされる。
「馬酔木」と当てて書くのは、中国から来た馬が知らずに食べて酔ったようになったという故事にちなむ。
カテゴリ:自然