飯蛸 いいだこ

マダコ科の蛸(たこ)。内海の砂泥底にすみ、全長約30センチ。腕の長さは胴の2倍ほどある。やや小型の蛸だが肉も卵も美味で、佃煮や干し蛸にする。

飯蛸の由来・語源

イイダコという名は、2月から3月の産卵の時期に、胴の中に卵をいっぱいにつめた雌を煮ると、まるで飯粒がつまっているように見えるところからだという。また、その卵の食感が飯粒のようであるからだともいわれる。

飯蛸に関連する言葉

カテゴリ:自然