頗る すこぶる

かなり多く。大いに。

頗るの由来・語源

副詞「少し」の語幹「すこ」に、状態を示す接尾語「ぶる」が合わさってできた語。本来は「少しばかり、いささか」の意味で使われていたが、次第に意味が変化していったとされる。
カテゴリ:様相