雛人形 ひなにんぎょう

ひな祭りに飾る人形。おひなさま。内裏雛(だいりびな)・三人官女(さんにんかんじょ)・五人囃子(ごにんばやし)・随身(ずいじん)・衛士(えじ)などを一組とすることが多い。

雛人形の由来・語源

雛人形の「雛(ひな)」は、「ひよこ」との関連で「小さい」や愛らしい」といった意味もあり、それと関連して「雛人形」となったとされる。
当初は雛人形は紙や土で作った立ち雛で、座り雛になったのは室町期頃から。三月三日の桃の節句に雛人形を飾るようになったのは、江戸時代以降のこととされる。

雛人形に関連する言葉

カテゴリ:文化