雑煮 ぞうに

餅を野菜や肉、魚介とともに煮た料理。

雑煮の由来・語源

もとは、いろいろなものを煮て混ぜることから烹雑(ほうぞう・にまぜ)といい、それが雑煮へと変化した。元日に雑煮を祝う風習は室町時代にすでに見られるが、それ以前は祝い膳として供されていたもので、特に正月の料理に限られているわけではなかった。

雑煮に関連する言葉

カテゴリ:食べ物