随分 ずいぶん

ふさわしい程度を超えているさま。かなり。また、非難すべきさま。ひどい。

随分の由来・語源

古くは文字通り「分(ぶん)に随(したが)う」、身分相応の意で使われていた。
これが、分に応じてできる限り、極力の意になり、大いに、非常にの意にも使われるようになった。ひどいの意は明治時代に生じた。
カテゴリ:様相