金輪際 こんりんざい

絶対に二度とは繰り返さないという強い決意や確信を表し、打ち消しの語を伴って用いる。どこまでも。とことん。

金輪際の由来・語源

仏教の世界観で、「金輪」は地下にあって大地を支える三輪の一つ。その下に「水輪」「風輪」がある。
「金輪際」は金輪の最下底で、水輪と接する所をいい、底の底、大地の果てであることから、物事の極限を意味するようになった。
カテゴリ:社会