金縛り かなしばり

身動きができないように、厳しく縛りつけること。またはそのような錯覚に陥ることをいう。

金縛りの由来・語源

本来は文字通り、金属の鎖で厳重に縛って動けなくすることで、仏教用語の「金縛(きんばく)」を訓読みして「かなしばり」と読んだもの。
カテゴリ:様相