送り狼 おくりおおかみ

親切を装って女性を送っていき、相手に油断があればつけ入ろうとする者のこと。

送り狼の由来・語源

本来は、狼の姿をした妖怪のことで、この狼は山中などで旅人の後ろをついて行き、旅人が転ばなければ何もしないが、転んだら噛み付くという。
なお、この「送る」は「人の後ろをついて行く」意で、「家に送り届ける」意ではない。
現代のような意味で使われるようになったのは、江戸時代になってから。
カテゴリ:人間