軍配を上げる ぐんばいをあげる

試合や論争などで、勝利の判定をすること。

軍配を上げるの由来・語源

「軍配」は「軍配団扇(うちわ)」の略で、戦国時代以降、武将が戦場で陣頭指揮に用いた、団扇の形をした扇のこと。のちに、相撲の行司が立合や勝敗を示すのに用いるようになった。勝った力士の方に軍配を上げて勝利を示すことから、転じて、一般に勝利の判定をすることをいう。

軍配を上げるに関連する言葉

カテゴリ:社会