身から出た錆 みからでたさび

自分の悪行の結果として、自分自身が苦しむこと。自業自得であること。

身から出た錆の由来・語源

「身」とは刀身のことで、手入れを怠ると錆が生じ、いざというときに役に立たなくなってしまう。刀を錆びつかせたのはまさに自分の怠慢のせいで、そこからたとえていう。
カテゴリ:人間