赤字 あかじ

収入より支出が多く、財政が欠損の状態であること。

赤字の由来・語源

簿記などで、不足する額を赤い字で書き入れたことに由来し、大正から昭和にかけて用いられるようになった。
カテゴリ:政治・経済