蝸牛角上の争い かぎゅうかくじょうのあらそい

小さな者同士の戦い。つまらないことにこだわった争い。「蝸角(かかく)の争い」とも。

蝸牛角上の争いの由来・語源

「蝸牛」はカタツムリのこと。そのカタツムリの右の角にある蛮(ばん)という国と左の角にある「触(しょく)」という国とが領土争いをして、数万の死者を出したという寓話(出典は『荘士』)から出たもの。

蝸牛角上の争いに関連する言葉

カテゴリ:社会