薬玉 くすだま

祝い事などの際に用いる、割ると中から紙ふぶきや垂れ幕などが飛び出る仕掛けの飾り玉。

薬玉の由来・語源

もとは、麝香(じゃこう)や沈香(じんこう)、丁子(ちょうじ)などの薬効のある香料を錦の袋にいれ、造花で飾り、五色の長い糸を垂らしたもの。古くから五月の節句に邪気払いや長寿を願って飾られ、「長命縷(ちょうめいる)」ともいう。祝い用の飾り玉はこの形に似せて作ったもの。
カテゴリ:社会