落語 らくご

寄席演芸の一つ。滑稽な話で笑わせ、話の終わりに落ちのあるのが特徴。

落語の由来・語源

当初は「落語」のことを「はなし(噺・話)」と言われていたが、江戸時代には短い落ちのある話の流行にともなって「落語」と表記して「落とし話」と読んでいた。
「落語(らくご)」と呼ばれるようになったのは、明治以降になってから。
カテゴリ:娯楽・遊戯