茶番 ちゃばん

底が見え透いていて、ばかばかしい振る舞い。「茶番劇」とも。

茶番の由来・語源

江戸時代に、余興に歌舞伎のパロディとして、おもしろおかしく演じた素人の寸劇を「狂言茶番」、略して「茶番」といっていたことに由来する。
そもそもは、「茶番」は楽屋で茶をくむ係りのこと。茶番に当たった大部屋の役者が余興にやったことから広まったとされる。

茶番に関連する言葉

カテゴリ:文化