肝心 かんじん

とくに重要なこと。また、そのさま。肝腎。

肝心の由来・語源

「肝心」は「肝腎」とも書き、肝臓と心臓、または肝臓と腎臓のこと。
肝臓と心臓や腎臓は、人体にとって非常に重要であり、欠くことのできないものであるところから、大切・重要なことを「肝心」「肝腎」というようになった。
カテゴリ:様相