羽振り はぶり

世間での地位や勢力などの程度。「はぶりが効く」「はぶりがよい」などと使われる。

羽振りの由来・語源

「羽振り」とは、本来は鳥が羽を振ること、つまりはばたくことをさす語だった。古くは、はばたく・飛び立つなどの意の動詞「羽振る(はふる)」をいい、この連用形が名詞化したもの。勢力や権力といった意味は、はばたく際の威勢のよい様子から生まれたとされる。
カテゴリ:社会