置いてきぼり

その場に置き去りにすること。

置いてきぼりの由来・語源

江戸の本所七不思議の一つで、金糸堀(俗称、置いてけ堀)で、釣った魚を魚籠(びく)に入れて持ち帰ろうとすると、どこからか「置いてけ、置いてけ」という声がして、魚を全部返すまでその声が止まなかったという言い伝えによるもの。
もとは「置いてけぼり」で、音変化して「置いてきぼり」というようになった。
カテゴリ:人間