縁日 えんにち

神や仏が衆生(しゅじょう)と縁を結ぶ日のこと。

縁日の由来・語源

「有縁(うえん)の日」「結縁(けちえん)の日」の略語で、仏教語。この日に参詣 (さんけい) すれば、特に御利益があると信じられている。
縁日には、毎月の5日の水天宮(すいてんくう)、18日の観世音(かんぜおん)、28日の不動尊(ふどうそん)などがある。
近代以降では、神社仏閣などで行われる祭り(露店などが多く出る)の日の意味として使われることが多い。
カテゴリ:行事・風習