糸瓜 へちま

ウリ科のつる性一年草。熱帯アジア原産。若い果実は食用に、成熟した果実は強い繊維が発達するのでたわしなどに用いられる。

糸瓜の由来・語源

本来の名前は、果実から繊維が得られることからついた糸瓜(いとうり)で、これが後に省略されて「とうり」とも呼ばれた。「と」は『いろは歌』で「へ」と「ち」の間にあることから、「へちの間」の意で「へちま」と呼ばれるようになったとされる。
カテゴリ:自然