箍が外れる たががはずれる

緊張や束縛がとれ、しまりがなくなること。

箍が外れるの由来・語源

「箍(たが)」は樽(たる)などの外側にはめる、竹や金属で作った輪のことで、それが外れると樽の板がばらばらになることからいうもの。
「箍が緩む」といえば、気がゆるむ、また、年を取って頭や感覚が鈍くなることをたとえていう。
カテゴリ:様相