神無月 かんなづき

旧暦の10月の異名。

神無月の由来・語源

国中の神々が出雲に集まり、諸国では神がいなくなることから、「神無し月」の意で、「かみなづき」「かんなづき」と音変化した。
反対に出雲では「神在月(かみありづき)」という。

神無月に関連する言葉

カテゴリ:生活