現ナマ げんなま

現金をいう俗語。現生。

現ナマの由来・語源

江戸時代、上方の商人は現金払いのことを「生(しょう)」といった。江戸では、この「生」を訓読みにした「なま」をお金の意で使うようになり、それに「実際の」という意味の「現」をつけて「現生(げんなま)」というようになった。
1950年代の洋画の邦題『現金に手を出すな』『現金に体を張れ』など「現金」の文字に「ゲンナマ」のルビが振られたことから、「現ナマ」の語が広く使われるようになった。
カテゴリ:政治・経済