狐の嫁入り きつねのよめいり

日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。天気雨。日照り雨。また、夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯(ちょうちん)のように見えること。

狐の嫁入りの由来・語源

日が照っているのに雨がぱらつく現象を、狐火の怪しさのようであることにたとえ、日照り雨を「狐の嫁入り」というようになったもの。
晴れていても雨が降るという嘘のような状態を、何かに化かされているような感覚を感じて呼んだものと考えられており、かつてキツネには妖怪のような不思議な力があるといわれていたことから、キツネの仕業と見なして「狐の嫁入り」と呼んだとされる。

狐の嫁入りに関連する言葉

カテゴリ:自然