きつね

イヌ科の哺乳類。古くから稲荷神の使いとされ、また、ずる賢くて人をだましたり惑わせたりするともいわれ、多くの逸話や迷信が残っている。

狐の由来・語源

語源は諸説あり、その一つは、「きつ」は鳴き声から、「ね」は接尾語的に添えられたものとされる。
また、「き」は「臭」、「つ」は助詞、「ね」は「ゑぬ(犬)」が転じたもので、臭い犬の意とする説、「きつね(黄猫)」の意とする説、体が黄色いことから「きつね(黄恒)」とする説などがある。

狐に関連する言葉

カテゴリ:自然