焼きを入れる

刺激を与えて、緩んだ気持ちを引き締める。活を入れる。

焼きを入れるの由来・語源

本来は、刃物を固くし、切れ味をよくするために、刃を真っ赤に焼いてたたき、鍛えることをいう。

また、火が回りすぎると逆にもろくなったり、切れ味が悪くなることから、年を取るなどして頭の回転や腕前が鈍ること、役に立たなくなることをたとえて「焼きが回る」という。
カテゴリ:人間