無尽蔵 むじんぞう

いくら取っても無くならないほど豊富なこと。

無尽蔵の由来・語源

本来は仏教語で、尽きることのない財宝を納めた蔵を意味し、仏法が無限の功徳を有することをたとえた語として用いられていた。

また別に、寺の中にある金融機関を「無尽蔵」ともいった。そこでは、金銭を蓄えて飢饉の貧民救済にあてたり、伽藍の修復の資金などとしていた。そこから、「無尽蔵」の語が一般にも広まり、いくら取っても無くならないことを表すようになった。
カテゴリ:社会