為替 かわせ

離れたところにいる者の間で生じた金銭上の債権・債務の決済などを、現金を送る代わりに、手形・小切手などで送金を済ませる方法。また、その手形などの総称。

為替の由来・語源

動詞「かはす(交す、替す)」の連用形「かはし」が名詞化したもの。現金と手形を「かはす(とりかえる、交替させる)」ものということである。古くは金銭だけでなく米などの取引にも利用された。
中世までは「かわし」といったが、近世に「かわせ」となった。

為替に関連する言葉

カテゴリ:政治・経済