火の車 ひのくるま

家計がきわめて苦しいこと。経済状態が困窮していること。

火の車の由来・語源

もとは、仏教語の「火車(かしゃ)」を訓読みしたもので、生前悪事を犯した亡者を地獄に運ぶときに乗せるという、火が燃えさかる車のこと。大変な苦しみであることから、財政困難、貧窮のたとえに用いられるようになった。

火の車に関連する言葉

カテゴリ:政治・経済