浴衣 ゆかた

夏に着る、木綿で作った単衣の着物。

浴衣の由来・語源

もとは、入浴時や湯上がりに着た、朝の単衣(ひとえ)で、「湯帷子(ゆかたびら)」のこと。江戸時代になって「ゆかた」と略され、夏の日常着になった。
カテゴリ:生活