流石 さすが

そうであってもしかし。なんといってもやはり。予想どおりに。期待にたがわず。

流石の由来・語源

「さすが」とは、「さも有りなむ」などと使う指示副詞「然(さ)」に、サ変動詞「為(す)」、接続助詞「がに」が熟合した「さすがに」から「に」が脱落したもの。
「流石」という字は当て字。
カテゴリ:様相