活を入れる かつをいれる

気力のない人などに刺激を与えて、活気づけたり、元気づけたりすること。

活を入れるの由来・語源

本来、柔道で、気絶した人の急所をついたり、もんだりして、息を吹替えさせることをいうもの。「喝を入れる」と書くのは誤り。
カテゴリ:スポーツ