水をあける

競争相手に大差をつけ、優位に立つこと。

水をあけるの由来・語源

「水をあける」とは、水上で行う競技で相手を大きく引き離して、何もない水だけの空間をつくること。ボートレースならば一艇身以上、水泳ならば一身長以上の差をつけ、相手よりも先行することをいう。
そこから転じて、一般にライバルに目立って引き離す意味を表すようになった。
カテゴリ:社会