死に至る病 しにいたるやまい

不治の病気。また、絶望。

死に至る病の由来・語源

『新約聖書』の「ヨハネによる福音書」第11章4節でイエス・キリストが、病気で死んだ友人ラザロを蘇生させた際に「この病は死に至らず」と述べたことに由来する。
1849年、この「死に至る病」を重要視した宗教思想家キルケゴールは、絶望と真相たる罪の分析、人間心理の奥深くを考察し、同名の哲学書を著した。
カテゴリ:文化