死に体 しにたい

それまでの勢いを失って、再生の見込みがない、死んだも同然の状態。

死に体の由来・語源

本来は相撲用語で、体勢を崩して自分では立て直すことができない状態をいう。「体(たい)がない」「体(たい)が死んでいる」ともいう。死に体になった力士は、実際に土俵上に体が触れたり土俵を割るなどしなくても、その時点で負けになる。
転じて、相撲以外においても、回復が困難な状況・状態や、すでに意義を持たないものなどに対して用いられるようになった。

死に体に関連する言葉

カテゴリ:スポーツ