業を煮やす ごうをにやす

思い通りに物事が運ばなかったり、相手の態度がはっきりしないために、腹を立てること。

業を煮やすの由来・語源

「業」は仏教語で、意志による心身の活動・行為や、人が担っている運命をいい、この場合は心の動きを表す。
「煮やす」は激しくする、怒らせるの意で、平静であった心の動きが怒りで激しくなることを「業を煮やす」「業を沸かす」というようになった。
カテゴリ:人間