桁違い けたちがい

程度や規模が他とはかけ離れていること。

桁違いの由来・語源

「桁」はそろばんの玉を通した縦の棒のこと。また、数の位、位取りの位。数の位取りを間違えると計算に大きな差が出ることからのたとえで、「桁外れ」ともいう。
カテゴリ:様相