有頂天 うちょうてん

喜びや得意の絶頂にあること。

有頂天の由来・語源

仏教語で「天の中の最上にある天」を意味するサンスクリット語「bhava-agra」の漢訳。三界(上から無色界・色界・欲界)のうち、形ある(有)世界の最上(頂)にある色究竟天(しきくきょうてん)を指す。
また一説には、無色界の最上である非想(ひそう)、非非想処天(ひひそうじょてん)を指すとされる。
「天」は「天界」を意味すると同時に、そこに住する者をも指す。したがって、このことから「有頂天に登りつめる」=「絶頂を極める」の意を転じて、頂上世界に安住して自分を忘れてうわの空である状態を指すようになった。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。
カテゴリ:文化