月並み つきなみ

平凡で、ありふれていること。月次とも。

月並みの由来・語源

本来は、毎月行うことをいい、俳句などの月例会のことを「月並み会」といった。
「月並み」が現在の意味になったのは、正岡子規が俳句確信運動を展開する際、自分たちの新しい俳句に対して、伝統的な旧派の俳句を「月並み調」と呼んで批判したことによる。
カテゴリ:様相