明太子 めんたいこ

スケトウダラの卵を塩漬けにして、それに唐辛子を加えて漬け込んだ食品。

明太子の由来・語源

スケトウダラのことを中国語でミンタイユ(明太魚)といい、朝鮮に入ってミョンテ(明太)となった。それが日本に入って「めんたい」と発音され、その卵という意味で「こ(子)」を付けたもの。
「明太子」はもともとタラコの意味で、加工した食品は「辛子明太子」といったが、後者を単に「明太子」というようになった。

明太子に関連する言葉

カテゴリ:食べ物