文月 ふみづき、ふづき

旧暦の7月の異名。

文月の由来・語源

稲の穂がふくらむ月であることから、「穂含月(ほふみづき)」の意。
また、七夕に詩歌などに文(ふみ)を供えることから「文月」とも、七夕に文(書物)の虫干しをすることから「文開き月」の意からともいう。

文月に関連する言葉

カテゴリ:生活