数多 あまた

数量の多いさま。たくさん。

数多の由来・語源

「あまた」の「あま」は、「あまる(余る)」「あまねく「遍く」」などの語幹と同様に、ものが豊富にゆきわたる意で、それに接尾語「た」がついて「あまた」となったもの。
もとは程度の甚だしいさまの意もあったが、次第に数量についてのみ用いられるようになり、少ない場合は5、6を示したが、時代が下がるにつれて、数えきれないほどの数量を示すようになった。
カテゴリ:様相