御の字 おんのじ

非常に結構なこと。きわめて満足なこと。

御の字の由来・語源

「御(おん)」の文字をつけたいほどのもの、というのが原義。江戸初期の遊里語から出た語で、はじめは名詞として、最高位の遊女である大夫(たゆう)のことを「御の字」といった。
その後一般に広まって「すぐれた人、すぐれた物」をさすようになり、さらに江戸末期になると現代と同じ形容動詞としての用法が現れた。
カテゴリ:社会