後釜に座る あとがまにすわる

前任者の代わりにその地位につくこと。

後釜に座るの由来・語源

先の釜を下ろして、かまどの火種がまた消えないうちに、次の釜をのせることからのたとえで、抜け目がないという批判的な意味合いを含むことが多い。「後釜に納まる」ともいう。
カテゴリ:人間