序の口 じょのくち

物事の始まったばかりの段階。

序の口の由来・語源

本来は相撲で、力士の一番下の位、またはその力士のことをいう。
ちなみに、上位から、幕内(横綱・大関・関脇・小結・前頭)・十両・幕下・三段目・序二段・序の口の順で、十両以上の力士を関取と呼ぶ。

序の口に関連する言葉

カテゴリ:スポーツ