布施 ふせ

僧に金品を施し与えること。また、その金品。特に、仏事の際の謝礼をいう。

布施の由来・語源

サンスクリット語Dāna(ダーナ)の訳語。音訳した語は旦那・檀那となる。
本来は、涅槃の境地に到達するために、菩薩が実践すべき6種類の修行、六波羅蜜(ろくはらみつ)の一つで、人に施しをしたり、教えを説いたりすることをいう言葉。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。

布施に関連する言葉

カテゴリ:文化