巫女 みこ

神に奉仕して神のことばを伝達したり、神楽などを舞ったり、祈祷をしたりする者。多くは未婚の女性。

巫女の由来・語源

「巫女」は、古くは「御子」で、「御」は霊威あるものに対する畏敬を表す語。「子」は女性の意。
巫女は、神と人との中間的存在であったが、のちに神そのものの役割を果たすようになったという。神社に属して神職の補助的役割をする者と、神社の外にあって死霊や生霊の口寄せをする者とがある。
カテゴリ:人間