山勘 やまかん

勘に頼って、万一の成功を狙うこと。また、当てずっぽうのこと。

山勘の由来・語源

「山」は万一の成功をねらって事を行うことや偶然を当て込む予想の意味で、鉱脈を探る山師の仕事がギャンブル的であることからいう。
その「山」と直感の意味の「勘」が合わさってできた言葉。

一説に、戦国時代の武将で武田信玄の軍師山本勘助の名に由来するというが、推測の域を出ない。

山勘に関連する言葉

カテゴリ:人間