嬰児 みどりご

生まれたばかりの赤ん坊。また、3歳くらいまでの幼児のこと。古くは「みどりこ」。「緑児」とも書く。

嬰児の由来・語源

701年制定の『大法令』では、3歳以下の男・女児を「緑児」と称するとの規定があった。「みどりこ」のみどりは、もともと新芽や若枝の意の具体名詞であったとされ、その生命力あふれる新芽のように、生まれたばかりの児という意で用いられたと考えられる。
カテゴリ:人間